治す方法はある

カウンセリング

治せる病気なのか

鬱病は、治すことができない病気といわれています。確かに、治すことは難しいのですが完治させることはできます。そのためには、早期発見と早期治療がとても大事で、少しでも自分が「鬱病かも」と思ったら病院へ行ったほうがいいのです。少し前までは、病院へ行くのに抵抗があるという人が多かったのですが、心療内科などの精神疾患を診てくれる病院が身近な存在になりつつあります。そのため、気軽に足を運びやすいですし、昔に比べるとどんどん新しい治療法や薬が開発されているので完治は目指しやすくなっています。

こんな症状が出たら要注意

鬱病の症状は、いくつかの項目があります。その中でも代表的なのは、眠れない、やる気が全く出ない、前できていたことができない、理由のない不安が襲ってくるということです。このような症状が起こっている場合は、すぐにでも病院へ行き鬱病かどうか診断してもらったほうがいいでしょう。しかし、病院へ行って鬱病か診断してもらうにしても、良い医師でないと不安になります。そうなると診断してもらったのに、不安が募って症状が悪化してしまう可能性があるので、良い医師を見つけないといけません。

良い医師の見つけ方

どのようにして良い医師を見つけたらいいのかといえば、まず病院へ行ったら担当になった医師に「鬱が治りますか?」と質問してみてください。そこで、「治らない」とか「薬はずっと飲んでもらわないといけない」と答える医師は避けたほうがいいでしょう。鬱病は治せる病気なので、信頼できる医師は「鬱は治ります」と答えてくれるはずです。診断結果によって適切な対応を行なってくれるので、一緒に治療を続けて治せるようにするという姿勢が見える医師を探したほうがいいでしょう。